26. ピッチを揺らして様々な効果を掛ける~ビブラート (1:09)

LINEで送る
Pocket

SoundEngineのエフェクトの一つ『ビブラート』について説明いたします。

概要

ビブラートはその名の通り音を揺らすエフェクトです。

その他メニューからビブラートをクリックします。

「波形」は音の揺れ方を変えます。普通のビブラートならSineを選ぶと良いでしょう。

「周波数」は揺れの速さ、「振幅」は揺れの大きさを設定します。

「ディレイ(エコー)」は、効果が判りにくいことが多いですが、上げると少し音に独特のクセがつくことがあります。

「位相」は、0%、100%の時はゆれが中央から聴こえます。それ以外の値にすると左右のゆれがずれることで、左右に飛び交うようになります。

「広がり」は音の左右への広がり感を調整します。

「効果/原音」で原音とエフェクトをかけた音の混ぜ具合を調整し、「音量」で最終的な音量を設定します。

SoundEngineのビブラートは、普通のビブラート効果だけではなく、強くかけて様々な音を作ることもできます。ライブラリーを参考にしながら、いろいろと試してみましょう。

SoundEngineヘルプでは、以下の項目が関連しています。
ビブラート | SoundEngineヘルプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>