11. 音が埋もれてしまう時は?~エンハンサー (1:05)

LINEで送る
Pocket

SoundEngineのエフェクトの一つ「エンハンサー」について説明いたします。

概要

「エンハンサー」は、音の輪郭を際立たせるエフェクトです。

「エンハンサー」の設定の中心となるのは「ディレイ(エコー)」「フィードバック」「効果」の3つです。

「ディレイ(エコー)」を変化させると、音の雰囲気が変化します。

「フィードバック」を大きくすると、エグいかかりかたをするようになります。

「効果」でそれらの強さをコントロールします。

「HPF」はハイパスフィルターのことで、低音域をどの程度削るかを設定します。

「広がり」は音の左右への広がり方をコントロールします。

そして「音量」で最終的な音量を設定します。

エンハンサーはアンサンブルの中に加えた時に埋もれてしまう音に掛けると、アンサンブルの中でもくっきり聴こえるようになるので効果的です。

SoundEngineヘルプでは、以下の項目が関連しています。
エンハンサー | SoundEngineヘルプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です