03. ノイズを消したり曲の頭に空きを作ったり~無音 (2:08)

LINEで送る
Pocket

SoundEngineの編集機能の一つ「無音」について説明致します。

概要

「無音」は、音声の選択した場所を無音状態にしたり、無音部分を挿入したりする機能です。

まず、無音状態にしたい部分を選択します。そして、編集メニューから無音をクリックします。これで選択した部分が無音になります。

次に選択した状態で「前に挿入」をクリックすると、選択範囲の左側に選択範囲と同じ長さの無音部分を挿入できます。

「後ろに挿入」では選択範囲の右側に挿入します。

次に「両端無音挿入」をクリックすると表示されるウインドウで、ツマミで音声の前後に加える無音部分の長さを指定しOKを押すと、指定通りに無音が挿入されます。

ちなみにこの機能は、背景をダブルクリックすることでも表示させることができます。

最後に、「両端無音削除」は音声の前後にある無音部分を自動的に削除してくれる機能です。

開始レベル、終了レベルというのは、コンプレッサーなどでいう「スレッショルド」にあたるパラメーターです。

ここが大きすぎると必要な部分まで削除されてしまいますので、あまり大きくしないように注意しましょう。

「遊び」は、本来無音が削除される部分から、少し余裕を持たせるパラメーターになります。

たとえば、ここを1000ms、つまり1秒に設定すると、本来削除される部分から、1秒の余裕を持って削除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です