08. サンプリング周波数やビット数を変換したい!~フォーマット変換画面 (0:56)

LINEで送る
Pocket

SoundEngineのフォーマット変換画面について説明いたします。

概要

編集メニューから『フォーマット変換』をクリックします。

フォーマット変換画面とは、44100Hz、48000Hzというような『サンプリング周波数』や16bit、24bitという『ビット数』、モノラル、ステレオの『チャンネル数』などを変換できる画面です。

『サンプリング周波数』と『ビット数』『チャンネル数』は自分の目的に合わせて設定してください。

『品質』は、時間をかけて音質良く変換するか、音質はそれなりにしておいて素早く変換するかを設定するものです。短い音声データの時や時間がかかっても良い時には『非常に高い』や『高い』にしておくといいでしょう。極端に長い音声ファイルで、変換にかなり時間がかかってしまう場合には『低い』にすると早く変換できます。

いずれにしても、変換をすれば音質は変化(劣化)する、というのは覚えておきましょう。

SoundEngineヘルプでは、以下の項目が関連しています。
フォーマット変換画面 | SoundEngineヘルプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です